お盆

函館ではお盆は終わりましたが、全国的に今月はお盆の月であります。

お釈迦さまのお弟子、目連尊者が、亡くなったお母さんはどうしているのだろうと思って
神通力をもって探して見ると、なんと、お母さんは餓鬼道に落ちて苦しんでいました。
自分の力では、餓鬼道から救うことが出来ず、お釈迦さまに尋ねられました。
お釈迦さまは「雨期の修行を終えた僧侶たちが旧暦7月15日に集まって反省の集いを
もたれる。その人たちに、ご馳走し、供養しなさい」と教えられました。
教えのようにするとお母さんは、餓鬼道から救われました。
更にお釈迦さまは「いろいろなご馳走を御盆に盛り、仏様や僧侶、大勢の人々に供養
すれば、その功徳によって多くのご先祖さまが苦しみから救われる。そして今生きている
人たちも幸せを得る事ができよう」と説かれました。
これがお盆の始まりであります。
つまり、お盆はお母さんへの孝養の心から始まっているのであります。

亡き人の御霊を迎え、おはぎやうどんやスイカや新鮮な野菜等をお供えし、亡き父母
、ご先祖さま、有縁無縁の方々に供養することを通して、私の身体、この命すべてが
限りないご先祖さまの大きなご恩の始まりであることをわからせて頂き、お盆を通じて
一家団欒の一時も過ごさせて戴けるのであります。

とかく私達は、お供えしてあげるとか供養してあげると思いがちですが、日頃おろそかに
しがちな私達です。せめてお盆の時だけでも、心を込めてお給仕・供養させて頂くという
こころを持ちたいものです。