ペットとわたし・・・

我が家には13年になる犬のク-ル(hakodateパグ倶楽部主宰で紹介)がいる。
先代は、やはりパグで生後一年半で他界してしまった。
元来、犬を家の中で飼うこと自体賛成ではなかった。(変な偏見をもっていた)
小学生の頃、実家でロッキ-という雑種犬を外で買ったことがある。犬は外で飼うもの、
番犬であることと思っていたからである。 しかし、家族の強い想いかからそうなっている。

そのク-ルはというと昨年11月末頃から足腰が弱りだし、いまでは痴呆が進んできていて
眼も良く見えない状況である。でもペットと暮らすことでいままでどれだけ心が癒されてきたか
解らない。 事に触れて、家族銘々が今日あったことやいやなことをぶつけていたように思う
からだ。       そんな中、こんな相談を受けた。
      Q わたしは独身で子供はいません。そのかわりに猫を飼っています。
        ペットと一緒にお墓に入りたいのですが可能でしょうか?
        また、ペットだけのお墓はあるのでしょうか?
という質問だった。
その気持ちは十分すぎるくらいわかる。しかし、人のお墓は「墓地、埋葬等に関する法律」に
よって規定されている(埋葬にあたって”埋葬許可証”を墓地管理者提出義務)が、動物の
場合にはそのような遺骨の埋葬についての法律はない。

仏教では動物たりとも仏性ありと認めている。しかし、ペットとの違いは、寿命・役割・心の働き
等が異なる処。そういう毅然たる違いを認め、犬はいぬとして猫はねことしてつきあうところから
本当の意味での「動物愛護」ははじまるのだと思う。
ペットのお墓は、私のお付き合いさせて頂いているペット霊園があるのでご心配なくと申した。

函館郊外の共同墓地にこんなお墓が出来ている。
知り合いの住職に奨めた。
敷地内の中央に人のお墓、手前に犬のお墓が備えてある。(下記写真)

                  
こんなお墓なら、先の相談された方が喜ぶと思う。わたしも賛同する。どうでしょうか?皆さん!