地獄と極楽

ご本寺:千葉県南房総市本織 延命寺様には有名な地獄極楽の掛軸があります。
各お寺にはそれなりにこの掛軸を持っていて特にお盆になると堂内に飾りご供養を致します。
その延命寺様の絵図解冊子を御紹介します。

生き物はすべてこの世に生まれてそして死んでゆく。
ひとつの生き物が死ぬとまた別の生き物として生まれ変わるという。これを輪廻(りんね)という。
その世界は、天上(てんじょう)・人界(じんかい)・修羅(しゅら)・畜生(ちくしょう)・餓鬼(がき)・
地獄(じごく)と分かれていてこれを六道(ろくどう)という。
七日七日に生まれ変わり、遅くとも四十九日までにはどの世界に生まれ変わるかが決められる。
だからこの四十九日の供養が大切なのである。
死者は七日毎に裁判を受ける。
初七日に秦広王(しんこうおう:不動明王)に裁かれた者たちが、地獄の鬼に切られたり、こなごなに
されている。でも地獄では風に吹かれるとまた生き返り、何べんも責められ、苦しみ続けるのである。
罪の決まらない者たちは、三途の川を渡って先へ行くが、罪の深さによって流れの緩急・川の深浅が
決められる。そして渡り終えたところで奪衣婆(だつえば)に着物を剥ぎ取られてしまう。
二七日には初江王(しょこうおう:釈迦如来)に裁かれる。
私達が七日毎に死者の冥福を祈るのは、良い人に生まれ変わることができるようにするためである。
そうすると天上から帯が投げられて救いの道が開かれるのだ。
三七日には宋帝王(そうていおう:文殊菩薩)に裁かれる。
熱湯の川をやっとの思いで渡り、四七日には五官王(ごかんおう:普賢菩薩)に裁かれる。
嘘をついた人は、首に枷(かせ)をはめられ、針のむしろに座らされ、舌を抜かれたりこなごなにされる。
五七日には、地獄の大王、閻魔大王(地蔵菩薩)に裁かれる。
閻魔大王の鏡には、生前の行いすべてが映し出されているので嘘をついても直ぐわかってしまう。
六七日には変成王(へんせいおう:弥勒菩薩)に裁かれる。
七七日には泰山王(たいざんおう:薬師如来)によって最後の判決が下される。
これによって六つの世界のどれかに行くことになる。そのひとつが地獄であるが、外には餓鬼・畜生・
修羅・人界・天上がある。
自分ばかり美味しいものを食べていると餓鬼になり、食事をしようとすると火になって食べられない。
畜生は人間以外の動物。修羅は争いばかりしている世界のこと。人界は人の世で、天上は仏様の世界。

函館は今月がお盆の月、貴方の地獄と極楽を考えてみるのもいいかもしれません。