函館のお盆事情

8年前にもご紹介した。
7月、函館はお盆である。
♪お寺さん~ お盆参りはお墓に(お寺にある納骨壇に)行くからいいですよ!♪

そう口にするお檀家さんの数は(お盆の意味が浸透したのか知らないが)大分減ったが
まだまだわかっていない方が多い。 一年に一度だけの御先祖様を家にお迎えして
お持て成しをすることを・・・・・・。

お盆の冊子を引用します。
 「お盆を迎えた私たちは、何をこころがけたらいいのでしょうか?
 まずは、戻って来た御霊(みたま)に『ありがとう』『ごめんなさい』などなど
 気持ちを伝えてください。
 また、居なくなって『つらかった』という悲しみ、この世で巡り合えて『うれしかった』という
 悦びを正直に伝えましょう。
 そしてご先祖の御霊には、命を繋いでくれたことへの感謝の心を忘れずに伝えましょう。
 さらにお盆中、縁有る御霊と共に合掌のある日常を送って下さい。云々」

くれぐれも間違わないでください。
わが国ではお盆中、縁ある御霊が我が家に戻ってくると信じられています。
私たちは、お墓(お寺の納骨壇)に御霊を迎えにいきます。
それぞれの家に迎え入れたご先祖の御霊を丁寧にもてなし、4日間ともに過ごし絆を深めます。
そして名残を惜しみつつ再びお墓(納骨壇)に送っていくことを・・・・・・。

南無釋迦牟尼佛 南無釋迦牟尼佛 南無釋迦牟尼佛。