桃の節句に学ぶ

3月3日は桃の節句。「ひな祭り」。ひな人形が主役のように思われがち・・。
もともとは「節日(せちにち)」に「供える」「供する」からできた言葉。
「節供」と書くほうが古いようです。

節日は五節句(1/7:人日/七草 3/3:上巳/桃も節句 5/5:端午 7/7:七夕 9/9:重陽 で
それぞれに七草粥や柏餅や菊を浮かべた酒など何かと口に入れるものがかかわっている。

まず雛壇には菱餅が載っています。それからひなあられ。子供には勧められませんが、
桃の酒と白酒。そしてちらしずしにはまぐりの吸い物、といったところでしょうか。他にも
地方ごとに、各家庭ごとに、いろいろな料理や菓子を用意するでしょう。

これらの食事は、神仏に供えたものを下げて食べる=直会(なおらい)がもともとの形。
つまり、神仏と酒食を共にする宗教的な行事です。
他の節句(節供)でも言えることですが、桃の節句の食事は、とくに呪術的なものが
そろっているようです。

菱餅の原形は、この季節に手に入る薬草で色を付けたものでしょう。
一般的には赤・白・緑の三色。(五色や七色もある)
桃(赤)は中国由来の信仰では、邪鬼を払う力を持ち、幸福をもたらし、白は純潔の
雪を意味しています。緑は健康の草を意味し、薬用効果のあるよもぎが使われます。
ちらしずしは季節の山菜料理が原形でしょう。春の山菜は、何もなかった“死の世界”
(厳冬)から、不敵と思えるほどの力で芽吹き、伸びるところから、それを食べることで
生命力を体に取り込もうという呪術的な食品です。
ハマグリはこの時期に旬を迎えますが、海中から地上へ(地下の世界から人間の世界へ)
引き上げる魚介類は誕生と結び付けてとらえられることの多いものです。

桃の節句は家族みんなで祝うもの。当日は両家のご両親を招き、縁起の良いご馳走で
持て成すのが習わしです。
また、よく言われる”早く片付けないとお嫁に行き遅れる”というのは、片づけのできない
娘は良いお嫁さんになることができないよという戒めの意味が込められているようです。

桃の節句のひな祭り。女の子の無事な成長を祝う大切な日本の伝統行事です。

 
      わが家の雄雛 雌雛