修行を導いてくれた老師の死

「オクムラ~ 眼の具合が悪いから 運転してくれる?」
8月11日成田市のお寺にお邪魔してすぐにお願いされ、なんと愛猫の餌を買いに
同行した。なんの身体の疑いもなくお寺を後にしたが、先月15日突如として遷化
してしまったのである。
聞けば「66歳」、糖尿病からくる合併症で亡くなったとは通夜に駆け付けて弟さん
から聞いた。さらには日頃の不摂生!だと兄への思いをぶつけていた弟さん。
そんなこと未だかつて一度も云わずはぐらかしていた老師いやSさん。
私が修行の門を叩いたときに最初にお逢いし導いてくれた方である。
同郷という事で表には出さなかったが陰で応援してくれた方だった。
大先輩なのにため口を許してくれたこころ広い方だった。
また息子の就職先を心配して戴いた方だった。

そんなSさんのことを『優柔不断な人だった』と云っては叱られるだろうか。
その四文字は一般的に負のイメージが強い。 
ある解説書に『優柔不断な人に共通する9つの特徴と心理』と題して説明されていた。
 その1、二者択一であってもなかなか決められない
 その2、過ぎたことを必ず何度も振り返ってしまう
 その3、あらゆる可能性を考えないと不安で仕方ない
 その4、一度決めたと思ってもまたすぐに迷いはじめてしまう
 その5、周囲の人の様々な意見に耳を傾ける
 その6、もっとよい方法や考えはないか追及し続ける
 その7、みんなが気を悪くしないように最大限の配慮をする
 その8、リ-ダ-シップをとりたがらない
 その9、「なんでもいいよ」など具体的な返答を控えるのが定番

そのどれもいい意味でそっくり?である。
Sさんらしさがにじみ出ている・・・。
時として横道に反れるとヒントを出してくれる。決してこうだという決定打がない。
自らは一番ではいない、いられない、いようとしない。
みんなに親切。自分にも他人にも人当たりがよく優しすぎる。

改めて優柔不断という熟語とSさんにお逢いできたことにこころから感謝したい。
残念至極・・・・。
「人から物でもお金でもお心遣いを頂いたら決してその場で返すものでない。
相手の気持ちを踏み躙ることになる。後でよく考えてその厚意が自分に見合うか
どうか見合うだけの気持ちを伝えることだ」
私はSさんの名言だといま改めて肝に銘じている。