店長・涙の合掌 ~以心伝心~

地方にあるJ寺院。平生は無住(住職不在)のお寺であった。
そのお寺にはそれを払拭するかのような信仰深い役員さんたちがいた。
昨年10月、その寺の総代長さんから金箔仕様の寺紋と寺号が劣化し見るにも耐えられなくなったので修復してほしいと 函館のT仏壇店に入った。
その話を請け、早速店長は見積もりを作成、総代長さんにお渡しした。
その後はなんの連絡もなく月日が流れて行った。

見積もりが意に添わなかったのかな~と毎日のように考えていた店長。今年に1月に突然電話が入りあの見積もりでいいから 話を進めていただきたい旨の連絡。
順調にいくと5月末日頃に納品できますからと後日寺に出向き、総代長以下役員の見守る中寺紋と寺号を取り外した。 修復は順調に進み、5月24日無事に店に納品されて安堵 その状況を察するかのように役員の一人から電話が入る。いますぐにでも設置して欲しいというのである。
困った店長、他の仕事にスケジュ-ルから5月末日になりますと念を押したが、役員からこんな言葉が返ってきた。 「実は、総代長が今月に入って持病の悪化で入院していて4~5日の命かもしれない。
だから末日とは言わずにとにかく寺号一字だけでも病床に見せてやってくれないか」と云う。 準備をし翌日、病院に見舞い方々総代長に一字を見せた。心底”良かった 良かった・・・”と何度も感謝と感激の姿を目の当たりにした病気に負けじと全身を振り絞って云われた言葉に感動したという店長。

5月28日設置完了。再び寺を訪問、完成した寺紋寺号をみて函館に戻ってきた。
翌日事は急変、総代長さん逝去の一報。唖然とした店長、すぐさまお供え物をご自宅用と葬儀会場用に繕って出かけた。 お寺のあるその地方は9割方、民間の葬儀斎場を利用するという。
店長は総代長もそれに倣うんだなと覚悟して早朝のご自宅へ奥様は考えに考えたそうである。一言「自ら愛したお寺だし、貴方が関わってくれて寺紋寺号ができて主人も大変喜んでいた。だからお寺で葬儀をすることにしたのよ」と言われ涙を堪えて聞きおさめたそうである。

居間に置かれたご遺体にいままでの感謝とお礼の合掌をしつつお寺へ。
すでに祭壇が組まれ立派な遺影が飾られていた。
しばし寺紋寺号を仰いでいるとバスのクラクションを聞いた。振り返ると総代長さんを乗せたバスが火葬場に向かう途中だったのである。お寺を経由してくれた。自らが修復した寺紋寺号を見せに立ち寄ってくれたのである。

振り向きざまにこころからの合掌を施した店長、初めて経験する場面に震えが収まらなかったという。 いままで仕事をしてきてこんなに有難かったことはない。お寺と総代長さんと自分、以心伝心。
時間がずれていたらこんな光景にも出くわせなかった。
亡き総代長さんの声なき声が聞こえ涙が溢れて止まらなかったと云う。