連日の暑さに・・・・

北海道(ここ函館)も連日の暑さにみな参っている。
三十年来暮らしているなか、道産子人は暑さには誠に弱いようだ。
生活様式(建物も含めて)が違うと言ってしまえはそれまでだが。
「真冬に家のなかで半袖きて飲むビ-ル美味いよね~」
口癖である。

さて、暑いのと(暮らし)寒いのとではどっちがいい?と聞くと
寒けりゃ着込めばいい。暑かったらそれ以上どうしようもないから苦痛だと
大方の人が答える。すでに北海道仕様になってしまった私としても同感である。
であるが、子供のころを思い出すと (30℃)もっと暑かったような気がする。
夜寝れなくて壁に足を九の字に立てて寝たり、冷たいものばかり食するから
一日中怠かったりしたものだ。

ここで禅者としてはなにか言わなくてはならない。
以前のお話でも登場した方で良寛さん(宝暦8年10月2日1758年11月2日〕 -
天保2年1月6日1831年2月18日〕)は江戸時代後期の曹洞宗僧侶歌人
漢詩人
書家。号は大愚を思い出す。
ある人から「災難を免れる方法は」と問われて
「災難に遭うたら災難に遭うがよろしく、死ぬ時は死ぬがよろしく候」と答えた
と伝えられている。
仏法の「安心(あんじん)」すなわち苦を離れるという意味は、様々な苦痛を
そのままに「信」によって「悦び」に変えていくことであって、それが苦からの
解脱(げだつ)=「楽」を得るということである。
先人の言葉に
「我れ苦痛によりて深く菩提を求む」
「流れる水は、障害にぶつかって百倍の力を発揮する」
経典には
「苦によって信がある、真によって悦びがある」

人生苦からの始まりだと私はいつも思っている。あとはやってくる楽を信じて。
それが天地の道理に身を任せて・・・。