命の誕生。

9月からの台風騒ぎと意気消沈していた自らを3,346㎏の命に励まされていた。
先月16日、里帰り出産のため帰郷していた娘に女の子が誕生した。
午前3時24分。病院に着くや否や20数分のスピ-ド出産だった。
一番驚いたのはお父さんになった旦那様。
「こんなに簡単に生まれていいんですか?」とびっくり仰天。
その日の羽田発の一便で駆け付けた。
とても嬉しい言動に自らを振り返ってしまった。

今月のお話しの第一話に「いのちが生まれた日」と題して書いてある。
 ある日、子供にお父さんが聞いたそうです。
 父:なあ、お父さんの誕生日って何回あると思う?
 子:決まってるでしょう!一回だよ。
 父:そうかなぁ 
 子:なんでぇ お父さんの誕生日は11月27日でしょう~。
 父:う~ん。
   確かに11月27日はお父さんの誕生日だ。でもお前が生まれたときに
   お父さんと呼ばれるようになった日。
   つまり、お父さんが誕生した日でもある訳なんだ。お母さんと結婚したから
   お前もいるし、弟も妹もいる。だからさらに2回ある。
   これでお父さんの誕生日は4回あることになる訳だ。
   だからお前が人間として命を授かった日と弟や妹が生まれた日もお兄ちゃん
   としての誕生日なんだ。
   それだけに、人として人間として生まれてこれた有難さに感謝して命を大切に
   するこころを育てるんだ。
   そうしたら、草や木やお茶碗、テニスのラケットに至るまで心配りができるように
   なるよ。心配はいいが心痛はしないほうがいい。

その命に 「瑛茉(えま)」と命名された。
両親の思いは”誰よりも輝き 美しく優れ、誠実で清楚な女性に育ってほしい”という。