生き方のヒント。

新年あけましておめでとうございます。今年も智恩寺ホームページを宜しくお願い致します。
昨年は昨年、心機一転2020年子年を元気に生きようではありませんか。
生き方のヒントは至る所にあります。
どこにあるか追及して見るのも一年の生き方ではないでしょうか。
少しでも平生の生活に、人とのお付き合いに。

元大本山総持寺の貫首であった板橋興宗禅師様のお言葉を拝借させていただきます。
 1、『個人の自由』を追求するれば、どうしても縁は薄くなります。
 2、身体はくうたら、頭の中は考えでいっぱいというのが現代人の特徴です。
 3、文明が発達すればするほど自殺やノイローゼは増えていくはずです。
 4、丹田呼吸をやれば心の病なんて簡単に治ってしまいます。
 5、考えることが人間を苦しめているのです。
 6、情報に振り回されない、そのためには生きる目標をつくることです。
 7、子供に意欲を持たせるには、親が意欲的に生きることです。
 8、どんな仕事でも生きがいを見つけて努力することです。
 9、余計なことを切り捨てれば本当に必要なことが見えてきます。
10、苦手な人に対するときは頭を空っぽにしておきなさい。

まだまだ続きますが、今回はこれで終わります。
最後に禅師様は仰います。
『考えても仕方ないと知りつつも、クヨクヨ考えくせがついてしまったことに原因があります。
クヨクヨ考え悩むことが少なくなれば、心が軽くなり、楽に生きられるようになります。
「言葉」が使いようによっては「言刃」になり、相手を切りつけ、また自分を殺したりもします。』

今年一年が皆様にとって素晴らしい善きヒントが見つかり、前向きな善き一年となりますよう
祈念申し上げます。