捨ててしまえ

新年度、新学期、新入社・・・。平成17年度が始まり、それぞれに希望をいだいて
毎日を過ごしていることではないでしょうか。
心機一転、新たな気持ちになるのもこの時期でしょう。
希望が膨らみ、夢を現実にしようと自ら姿勢を正し生きることを誓います。

  あるとき、大好物の骨を咥えた犬が、池の淵で遊んでいました。
  ふと池を見ると、犬が同じく骨を咥えてこっちを見ているじゃありませんか。
  さあ、池の淵にいたその犬、池の中の犬の骨が欲しくなりました。
  池に映った犬がわが姿とも知らず、その骨を取ろうと口を大きく開けました。
  当然のことながら、咥えていた骨が池に落ちてしまいました。
笑ってばかりいられません。私たちが毎日見聞きしている世のことは、大半が
この話のようではありませんか。あれも欲しいこれも欲しいと、
その骨を欲しさに仕舞には池の中に落ちてしまうのがおちです。

禅の言葉に「放下著(ほうげじゃく)」というのがあります。
ほうは放つという字。げは上下の下。じゃくは著作の著で、ここでは命令形に
なります。
つまり「放下著」とは、しがみついているものを捨ててしまえということです。
そこに、身も心も平安な世界があるよということです。
しがみついているもの? そう、名誉だとか金銭・学歴・地位・・・はてには
顔かたちからスタイルに至るまでいろいろありますね。
ときには捨ててみるのもいいかもしれません。

晴れ晴れとした平成17年度となりますよう、気負い焦らずしっかりと人生の
第一歩がよいスタ−トとなりますようお祈りします。