父母恩重経(ぶもおんじゅうきょう)

この御経、父と母には十の恩があると説かれている。
一番目に「懐胎守護の恩(かいたいしゅごのおん)」
   懐妊中、母は血と肉を子に与え自らは重い病にかかったように身を慎み、子を守護しくれた恩。
二番目に「臨産受苦の恩(りんさんじゅくのおん)」
   出産のおり、身のあちこちが痛み、身も節もこころも乱れるのを耐えてくれた恩。
三番目に「生子忘憂の恩(しょうしぼうゆうのおん)
   子が生まれた途端、母がそれまでのすべての苦しみを忘れてくれた恩。
四番目に「乳哺養育の恩(にゅうほよういくのおん)」
   乳を飲ませ、養い育ててくれた恩。
五番目に「廻乾就湿の恩(かいけんじゅしつのおん)」
   子のために乾いた場所を譲り、自らは湿ったところに寝てくれた恩。
六番目に「洗灌不浄の恩(せんかんふじょうのおん)」
   抱いたわが子が大・小便をしても親なればこそ、それを洗い流して苦にしない恩。
七番目に「臙苦吐甘の恩(えんくとかんのおん)」
   子に食べ物を与える時、口に含んでいた苦い物は自らが飲み込み、甘いものは子にあたえた恩。
八番目に「為造悪業の恩(いぞうあくごうのおん)」
   わが子のためといいつつ、自ら甘んじて悪を引き受けてくれる恩。
九番目に「遠行憶念の恩(おんぎょうあくねんのおん)」
   子が遠くに行けば、帰ってきて顔を見るまで落ち着かず、この安否を気遣ってくれる恩。
十番目に「究竟憐愍の恩(くきょうれんみんのおん)
   生きている間は、何時までも我が子の犠牲となり、自らが死んだ後もわが子を守護しようとしてくれる恩。  
恩=因と心という字からできている。
だから、父母からいただいた様々な因縁を明らかにし、知っていくということである。

今月、函館はお盆。この行事も母の恩を知り感謝することから始まったようである。
父母の恩をあらためて知ることから始め、いろんな恩を知り感謝のこころを再度確認したいものである。