【参道】
智恩寺への入り口。掲示板が平成15年
秋彼岸会の因みに寄進され、布教伝道に
活用されています。
平成15年、開創400年を迎えました。
【本堂】
400年の歴史を今に残す、本堂です。現本堂は、大正12年の関東大震災により倒壊、智恩寺15世片桐観禅方丈様の代に再建され現在に至っております。
78年間そしてこれからも神余地域の安泰・五穀豊穣・家門繁栄を願い
ひっそりと見守っています。
【本尊・菩薩】
地蔵菩薩を本尊として仰ぎ、薬師立像および
地蔵立像を従えています。
【曹洞宗宗祖尊像】
永平寺開山 高祖承陽大師
永平道元禅師尊像
【達磨大師尊像】
震旦初祖円覚大師 菩提達磨大和尚尊像
【庫裡正面】
平成16年11月、改築整備の一環から檀家総出により、解体しました。
新庫裡は平成21年9月落慶法要が営修されました。             
【本堂と庫裡】
懐かしい旧庫裡と新しくなった庫裡
               
【大般若経納経記念碑】
大般若経六百巻の納経を祈念して
建てられた石碑です。
平成17年8月、開創400年を記念して
改修されました。
(写真の上にマウスを置いてください)
【智恩寺墓苑】 歴代住職墓地より望む
竹林の中にある墓地。造成の進む中、
懇ろにお勤め、永眠されております。
ご利用者募集中です。
【水屋】
境内の左隅にそっと佇む水屋です。
歴史を感じさせるひとつです。
【墓地より望む境内建物】
【庭園】
庭園内にある池。その昔、清水が瀧の
流れのように入り込んでいたそうです。
一時期、鯉を放流したが環境改善を
余儀なくされています。
【鐘楼堂跡】
本堂左手前に鐘楼堂がありました。
関東大震災により、本堂とともに倒壊して
しまいました。

に戻る

このペ−ジの
散 策

本堂 山号額